about

「サガン・ヴィエンナ(SAGAN VIENNA)」

サガン・ヴィエンナ(SAGAN VIENNA)は、オーストリア・ウィーン発のバッグブランド。

ブランドコンセプトは「Familiar done differently」(よく知られたものを違う見せ方で。)

サガン・ヴィエンナのデザインコンセプトは、機能的であり、良い品質である事。そしてそれはユニークでリラックスしたエレガンスが在るもの。歴史・よく知られたものが新しいアイデアとなる。

レザーや金具などの付属品は、イタリア製の厳選されたものを使用しており、生産はオーストリアを中心にセルビアやスペインで熟練の職人が行っている。また、ウィーンの伝統的な素材として国民に長く親しまれいる、ウィーナーゲフレヒト(籐の編み)が一部の定番アイテムに用いられている。

ブランド名の由来はいくつかあり、
1、「悲しみよこんにちは」の作者でフランス人作家のフランソワーズ・サガンの「SAGAN」。
2、デザイナーのひとり大前太郎の母国、日本語で「左岸(サガン)」にちなんだ、パリの街の中心を流れるセーヌ川を挟んだ南側。エッフェル塔、ソルボンヌ大学など周辺には歴史的建造物が立ち並び、昔から哲学者や芸術家などが多く集まるクリエイティブな雰囲気漂う地域。
3、ターニャ・ブラダリックの母国語のクロアチア語/スラビックの「SAGAN」。「賢さ」を表す言葉で、男女を問わず子供の名前によく用いられる。

それぞれの意味合いを持つSAGANという言葉に、自分たちの存在を重ね合わせて名付けた。

デザイナーは、クロアチア出身のターニャ ブラダリッチ(Tanja Bradaric)と日本出身の大前 太郎(Taro Ohmae)である。ターニャはウィーン応用美術大学を卒業、ラフシモンズ、ヴェロニクブランキーノの下で学ぶ。バレンシアガ(BALENCIAGA)・ クロエ(Chloé)・ クリスチャン ワイナンツ(christian wijnants)・プンタセタで経験を積んだ後、2012年にブランドを設立する。大前は文化服装学院を卒業後、2007年に渡英。ウィーン応用美術大学卒業。ヴェロニクブランキーノ、ベルンハルトウィルヘルムの下で学ぶ。ウェンディ&ジム(WENDY&JIM)・バレンシアガ(BALENCIAGA)・ラディッチ&モルガー・クロエ(Chloé)で経験を積んだ後、ターニャとブランド設立。

  • Home
  • About
  • Blog